【アパート】効果的な暑さ対策5選!1階・2階・最上階ごとの方法をご紹介

「アパートが暑くて過ごしにくい…エアコン以外に効果的な暑さ対策ってないのかな?」

「1階・2階・最上階によって暑さって違うのかな?」

このような疑問をお持ちの方に当記事では、アパートの暑さ対策や、階数による暑さの違いをまとめてご紹介いたします。

アパートの暑さにお悩みの方はぜひ、参考にしてください。

▶▶初期費用ゼロ円で入居するなら

 

アパートの効果的な暑さ対策5選

アパートの主な暑さ対策として思い浮かぶのは、エアコンや扇風機などの家電ですよね。

短時間で部屋を涼しくしてくれるものの、24時間つけっぱなしだと電気代が心配になるところ。

そこで、エアコンや扇風機などと合わせて、下記の対策をお試しください。

  • 1.窓を開ける
  • 2.換気扇を回す
  • 3.遮光・遮熱カーテンを使う
  • 4.遮熱フィルムを貼る
  • 5.すだれをかける

それぞれの詳細を見ていきましょう。

 

1.窓を開ける

アパートの暑さ対策として、まず取り組んでいただきたいのが「窓を開けること」です。

当たり前だと思うかもしれませんが、エアコンや扇風機をつける前に窓を開けることで、部屋にこもった熱を外に逃がすことができます。

窓が複数ある場合は、すべて開けましょう。

窓をすべて開けることで部屋の熱が外に一気に放出され、エアコンや扇風機の効きが良くなります。

 

2.換気扇を回す

換気扇を回すことも、窓を開けることと同様の効果があります。

特に窓が1箇所しかない場合は、換気扇も併用するとより効果的。

というのも窓が1箇所だと空気の通り道も1つしかないので、換気の効率があまり良くありません。

しかし同時に換気扇を回すことで、換気の効率を上げることができます。

夏場は帰宅したらまず、窓を開け換気扇を回すことをお試しください。

 

3.遮光・遮熱カーテンを使う

アパートの暑さ対策をするなら、一般的なカーテンより「遮光・遮熱カーテン」を使う方がいいです。

遮光カーテンは日光を通しづらい構造なのでその分、室内に熱が伝わりにくくなっています。

一方、遮熱カーテンは日光だけでなく赤外線もカットします。

例えば夏場の昼間に遮熱カーテンを閉めておけば、日光による温度上昇を軽減してくれますよ。

 

4.遮熱フィルムを貼る

遮熱フィルム」とは窓に貼るフィルムで、熱を遮断する効果があります。

日光を反射・吸収し、さらに赤外線もカットしてくれます。

「今あるカーテンを使い続けたい…」

とお考えの方はぜひ、遮熱フィルムをご活用ください。

 

5.すだれをかける

和のテイストがお好きであれば「すだれ」を活用するのもオススメ。

すだれは日光を遮るだけでなく、適度な隙間が空いているので、風を通してくれます。

また立て掛けタイプのすだれもあるので、設置の手間もそれほどかかりません。

涼しそうな見た目ですから、体だけでなく目でも涼しさを体感できますよ。

▶▶ゼロすむで入居時の初期費用ゼロに!

 

1階・2階・最上階の違いと暑さ対策

アパートの1階・2階・最上階では暑さが異なるので、それに伴い対策も少し工夫しなければなりません。

では、どのような対策をすればいいのか?

階数ごとに詳しく見ていきましょう。

1階の特徴と暑さ対策

アパートの1階は直射日光が当たりにくいのでその分、上層階より涼しめ。

しかし地面に近いため、湿気が溜まりやすいです。

また上層階に比べ風通しが良くないので、より一層ジメジメする感じが。

それを踏まえたうえで、1階の暑さ対策をご紹介いたします。

1.換気扇を併用して風通しを良くする

部屋の風通しを良くすることで、こもった熱や湿度を放出できます。

その時に効果的な対策が「窓を開けること」と「換気扇を活用すること」です。

1階は他の階より風通しが良くないので、窓を開けると同時に換気扇を併用するといいですよ。

 

2.除湿機を活用して湿度を下げる

除湿機、もしくはエアコンの除湿(ドライ)機能を活用するのも効果的。

梅雨など雨が続く時期は窓を開けることができないので、除湿が欠かせません。

ただし湿気が溜まりやすい場所(クローゼット、下駄箱など)は、除湿機を活用してもカビが生じる可能性があります。

このような場所は除湿剤を置いたり、こまめに空気の入れ替えをするなどして、カビ対策も忘れずに行いましょう。

 

3.遮熱フィルムを貼って熱をカットする

1階は直射日光が当たりにくいものの、風通しが良くないため熱がこもりやすいです。

しかし「遮熱フィルム」を貼り、窓からの熱をカットすることで、熱のこもりを軽減できます。

▶▶目次に戻る

 

2階の特徴と暑さ対策

アパートの2階は1階に比べ暑くなりやすいです。

2階が最上階の場合はなおのこと。

日当たりがいいため熱が伝わりやすい、暖かい空気が入ってきやすいのが2階の特徴。

それをふまえたうえで2階の暑さ対策をご紹介いたします。

1.こまめな換気

暖かい空気は上に溜まりやすい特徴があります。

なので2階の暑さ対策は「こまめな換気」が必要不可欠。

夕方や夜に帰宅した時は窓を開け、空気をすべて入れ替えてからエアコンをつけましょう。

扇風機やサーキュレーターを併用すると、下に溜まった冷たい空気を上に循環できるので、より涼しさがアップしますよ。

 

2.遮熱カーテンやフィルムの活用

日当たりがいい2階は、遮熱カーテンやフィルムを活用することで暑さを軽減できます。

遮熱カーテンの値段は大きさにもよるものの3,000〜5,000円ほど。

遮熱フィルムは1,000〜2,000円ほどです。

一度購入すれば数年に渡って利用できるので、とてもコスパのいいアイテムですよ。

 

3.可能であればすだれも設置

2階が最上階であれば、すだれの設置もご検討ください。

ベランダや窓にすだれを設置すれば直射日光を遮れるのでその分、部屋に熱が伝わりにくくなります。

▶▶目次に戻る

 

最上階の特徴と暑さ対策

アパートの最上階は一番熱くなりやすいところ。

窓だけでなく、直射日光が当たる屋根からも熱が伝わるので、部屋の温度が高くなるのです。

この特徴をふまえたうえで、最上階の暑さ対策をご紹介いたします。

とにかく日差しを遮る

最上階の暑さ対策は「とにかく日差しを遮る」に限ります。

遮熱カーテンやフィルム、すだれなど、日差しを遮るアイテムはフル活用するのがベスト。

ただ、屋根から伝わる熱は、これらのアイテムでは対処できません。

なので扇風機やサーキュレーターを使い、部屋にこもった熱を外に放出しましょう。

▶▶目次に戻る

 

ロフトがある場合の暑さ対策

色々な使い方ができるロフトですが、夏場は特に熱くなります。

ロフトで寝ている場合、夜は暑さで寝れないこともあるでしょう。

では、ロフトが暑くてツラい時はどのような対策をすれのばいいのか?

最も効果的な方法は「サーキュレーター」や「扇風機」の活用です。

サーキュレーターや扇風機の効果的な使い方

先ほども説明したように、暖かい空気は上に、冷たい空気は下に溜まりやすい特徴があります。

ロフトは構造上、部屋の上にあるので暖かい空気が溜まりやすいのです。

しかし「サーキュレーター」や「扇風機」を使って下の冷たい空気を送ることで、部屋全体の空気を循環できます。

具体的な使い方が下記の通り。

  • 1.まずエアコンをつける
  • 2.部屋の床にサーキュレーターを設置
  • 3.ロフトに向かって風を送る

詳しくはこちらの動画でも解説されているので、部屋にロフトがある方はぜひ参考にしてください。

 

アパートの暑さ対策まとめ

アパートの効果的な暑さ対策をご紹介してきました。

対策をおさらいすると、下記のようになります。

  • 1.窓を開ける
  • 2.換気扇を回す
  • 3.遮光・遮熱カーテンを使う
  • 4.遮熱フィルムを貼る
  • 5.すだれをかける

また、部屋にロフトがある場合はサーキュレーターを活用するのも効果的。

暑くて過ごしにくい夏は、上記の対策で少しでも快適に過ごせるよう工夫しましょう。

▶ゼロすむなら入居時の初期費用ゼロ円