【アパート】蛇口から水が出ない!主な原因7つと対処法

「アパートの蛇口から水が出ないんだけど、なんで?」

「どうすれば水が使えるようになるんだろう?」

このようなお悩みを解決するため当記事では、アパートの蛇口から水が出ない原因と対処法を、詳しくご紹介いたします。

アパートの水道が使えず困っている方はぜひ、参考にしてください。

▶▶金欠時の引っ越しでも安心!

 

アパートの蛇口がら水が出ない!主な原因7つと対処法

アパートの蛇口から水が出ない時、考えられる原因は主に7つあります。

  • 1.水道使用の申請を出していない
  • 2.元栓または止水栓が閉まっている
  • 3.断水されている
  • 4.水道料金の滞納で止まっている
  • 5.水道管の劣化
  • 6.受水槽の故障
  • 7.冬場の凍結

以下、それぞれの詳細です。

 

1.水道使用の申請を提出していない

アパートで水を使う際は引っ越し先の管轄水道局に、水道利用開始の申請を提出する必要があります。

この申請が受理されていないと、水道が使えません。

 

対処法→水道利用開始の申請を提出

各都道府県によって申請方法や、引っ越しの何日前に申請を出すべきか日数は変わりますが、基本的には引っ越しの3〜4日前までに申請が必要です。

各都道府県のホームページに申請方法が書いてあるので、チェックしてみてください。

申請しなくても水が使用できる都道府県もありますが、その時は入居後すぐ申請を提出しましょう。

 

2,元栓または止水栓が閉まっている

「水道使用の申請を提出しているはずなのに、蛇口をひねっても水が出ない…」

このような時は元栓または、止水栓が閉まっている可能性が高いです。

 

対処法→元栓または止水栓を開ける

元栓があるボックスの場所はアパートによって異なります。

多くの場合、玄関を出てすぐ隣にボックスがあったり、建物外部の地面にボックスが埋め込まれています、

ボックスを開けると部屋番号が書かれてあるので、あなたの部屋番号の元栓を開ければ水が出るようになります。

止水栓は、各蛇口の水道管の近くにバルブがあるので、手もしくはマイナスドライバーなどで開けてください。

硬くて回すことができない時は、ゴム手袋をはめると回しやすくなりますよ。

 

2.断水されている

アパートの他の部屋や同じ地域内でも「水が出ない」という状況になっていませんか?

その場合もしかしたら、近くで水道工事が行われていて、断水されている可能性が高いです。

 

対処法→工事完了を待つ

工事により断水される場合、あらかじめ手紙やポスターで通知が行われます。

ポストやアパートの掲示板などで、断水のお知らせが届いていないか確認してみましょう。

ただし、大きな災害や事故が近くで起ると、急に水が止まることがあります。

この時は、お住まいの地域の自治体や、厚生労働省のホームページで断水状況をチェックしてみましょう。

 

4.水道料金の滞納で止まっている

残高不足で引き落とされない、カード上限に達していて支払い処理ができなかった場合などは滞納扱いとなり、水道が使えなくなります。

滞納すると通知が届きますので、郵便物を確認してみましょう。

 

対処法→滞納通知を確認する

水道料金は口座振替、カード払い、コンビニ払いなどに対応していますが、いずれの方法でも滞納すると通知が届きます。

滞納通知が届いたらそれをコンビニに持っていき、支払いを済ませましょう。

 

5.水道管の劣化

水道管は消耗品ですから、アパートの築年数が古くなるほど劣化しています。

水道管が劣化すると水が出なくなる、水漏れするなどのトラブルが発生するので要注意です。

 

対処法→大家さんや管理会社に相談

水道管が劣化している場合、蛇口をひねり続けるのは危険。

というのも、水道管が破裂する恐れがあるからです。

なので水道管の劣化が疑われたら、早急に大家さんや管理会社に相談してください。

 

6.受水槽の故障

受水槽とはアパートの外に大きなタンクのこと。

各自治体の水道局から供給される水が受水槽に貯められ、そこからアパートの各部屋に配水されます。

しかし受水槽が故障すると配水が行われず、結果として水が出なくなります。

 

対処法→受水槽の修理を待つ

受水槽を自力で修理することはできません。

大家さんや管理会社に連絡し、早急に受水槽の修理に対応してもらいましょう。

 

7.冬場の凍結

寒冷地域に住んでいる方は冬場、水道管が凍結して水が出ないことがあります。

気温が下がりやすい早朝や深夜は特に、水道管が凍結しやすいです。

 

対処法→自然解凍を待つ

気温も上がると水道管も自然に解凍して、水が出るようになります。

また凍結を防ぐためには、蛇口を完全に締めないことが効果的。

少量の水を流し続けることで、水道管の凍結を防ぐことができますよ。

▶▶ゼロすむで入居時の初期費用ゼロに!

 

一箇所だけ水が出ない原因と対処法は?

「キッチンの水は出るのに、お風呂やトイレの水は出ない…」

このように、特定の場所だけ水が出ないこともあります。

もしかしたら、その場所の止水栓が閉まっているかもしれません。

蛇口の水道管の近くに止水栓のバルブがあるので、それを開けてみてください。

止水栓が開いていても水が出ない時は、蛇口に取り付けてあるフィルターに汚れが詰まっている可能性があります。

フィルターの詰まりを確認する時は、蛇口を必ず閉めてください。

無理に蛇口を開け続けると水道管が破裂する危険があるからです。

汚れていた時は取り除いてもう一度、水が出るか確認してみましょう。

それでも水が出なけれは、水道管の破損が疑われます。

早急に大家さんや管理会社に連絡し、対応してもらいましょう。

 

水が出なくなった時は早急に大家さんや管理会社に連絡

「水道使用の申請は提出したし、元栓や止水栓も開いている。水道料金の滞納もしていないけど、水が出ない…」

このように思い当たる節がない時は、大家さんや管理会社に電話をしましょう。

無理に自力で治そうとするのはNG。

誤って水道管を破裂させたら他の住人に迷惑がおよぶだけでなく、修理費を請求される可能性があるからです。

なので自力で治そうとせず、すぐに大家さんや管理会社に連絡しましょう。

 

修理費を負担するのは入居者と管理会社のどっち?

経年劣化や自然災害などにより水道管が破損した場合、修理費を負担するのは大家さんや管理会社です。

ただし故意に水道管を破裂させたり、損害を与えてしまった時は、入居者負担になる可能性があります。

なので水が出ない時や水道管の破損が疑われる時は、無理に自分で解決しようとはせず、大家さんや管理会社に対応してもらいましょう。

 

アパートの水が出ない原因と対処法まとめ

アパートの蛇口から水が出ない原因と対処法をご紹介してきました。

蛇口から水が出ない時に考えられる原因は次の7つ。

主に考えられる原因が次の7つ。

  • 1.水道使用の申請を出していない
  • 2.元栓または止水栓が閉まっている
  • 3.断水されている
  • 4.水道料金の滞納で止まっている
  • 5.水道管の劣化
  • 6.受水槽の故障
  • 7.冬場の凍結

そして対処法が次の7つ。

  • 1.水道使用の申請を提出
  • 2.元栓または止水栓を開ける
  • 3.工事完了を待つ
  • 4.水道料金を支払う
  • 5.水道管の修理(管理会社対応)
  • 6.受水槽の修理(管理会社対応)
  • 7.自然解凍を待つ

今すぐに水を使いたいからと焦って、無理に蛇口をひねり続けたり、水道管を直そうとしてはいけません。

上記の対処法を試しても水が出ない時は、大家さんや管理会社に相談してみましょう。

▶▶ゼロすむで入居時の初期費用ゼロに!