【賃貸】アパートの共益費とは?相場や使い道をご紹介!

「アパートを探しているけど、共益費っていったい何だろう?」

「共益費の相場はいくらで、使い道はどうなっているのだろう?」

このような疑問をお持ちの方に当記事では、共益費の詳細や相場、使い道などをご紹介していきます。

アパートの共益費について気になることがある方は、ぜひ参考にしてください。

▶▶初期費用ゼロ円で新生活スタート

 

アパートの共益費とは?

共益費とはアパートを維持・管理するために用いられる費用です。

アパートには下記のような共用部分がありますが、きれいな環境を維持するために共益費が使われます。

  • 玄関ホール
  • 廊下や階段
  • ゴミ捨て場
  • 駐車場・駐輪場
  • 花壇や庭

またアパートの共益費は、家賃とは別に支払います。
(家賃+共益費という形)

なぜ別なのかというと、共用部分の維持・管理にかかる費用は住人が負担しなければならないからです。

アパートの規模によって共用部分の広さや設備は異なるため、物件ごとに共益費も異なります。

 

アパートの共益費と管理費に違いはあるの?

共益費と管理費に明確な違いはありません。

賃貸情報サイトによって表記は異なるものの、共益費・管理費ともに内容は同じ。

サイトの運営元や不動産会社によって、表記が異なっていますが内容に大きな違いはないので、それほど気にしなくて大丈夫ですよ。

 

アパートの共益費の主な使い道

共益費の主な使い道が下記の通りです。

  • 共用部分の水道光熱費
  • 電気の付け替え
  • 浄化槽の清掃
  • ゴミ捨て場の清掃
  • 敷地内の清掃

例えば、廊下や階段の電気が切れていたとします。

電気が切れて暗い状態が続くと、何だか不快に思いませんか?

他にも、ゴミ捨て場が汚れているのを見ると、少し嫌な気持ちになりませんか?

このような時に共益費が使われます。

共用部分のメンテナンスや掃除が行われ、住みやすい環境になるよう整えられるのです。

 

アパートの共益費の相場はいくら?

アパートの共益費は一般的に、家賃の5〜10%が相場です。

家賃別に共益費の相場をまとめると、下記のようになります。

家賃 共益費
40,000円 2,000〜4,000円
50,000円 2,500〜5,000円
60,000円 3,000〜6,000円

毎月家賃とは別で支払うものですが、年間の支払額は数万円になります。

「それなら共益費が安いアパートに住んだ方が節約できるのでは?」

と思うかもしれません。

しかし相場より共益費が安い場合は注意が必要。

というのも共益費が安すぎると、共用部分の維持・管理が行き届いていない可能性があるからです。

例えば家賃5万円のアパートで、共益費が1,500円だとします。

相場と比べて共益費が安いので、毎月の支払い負担は軽減されます。

しかしこのような場合、費用が足りないという理由で共用部分のメンテナンスが行き届かない可能性があります。

共用部分の電気が切れていても、電気が交換されない。

ゴミ捨て場や駐車場・駐輪場の掃除が全然行われない、などなど。

このことから、共益費が相場より安いという理由だけで、アパートを決めない方がいいでしょう。

とはいえ、共益費が安くても維持・管理が徹底されているアパートもあります。

なので気になるアパートを見つけたら一度内見を行い、ご自身の目で確認するといいですよ。

※アパート内見のコツを下記記事にて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

▶▶【アパート内見】チェックポイントや必要な持ち物まとめ!

 

アパートの共益費は物件の条件によって異なる

アパートの共益費は物件の条件によって異なります。
(築年数や共用部分の広さなど)

築古より築浅の方が共益費が高め。

共用部分が広く設備が多いと、掃除やメンテナンスの手間もかかるので、共用部分が高めに設定されています。

ただし、共益費が高いからといって、必ずしも手が行き届いているとは限りません。

「共益費が高い割に環境はイマイチ…」

と思う可能性もあります。

なのでアパートを決める時は、共益費が相場と比べてどうかを確認し、内見も必ず行いましょう。

可能であれば時間帯や曜日をずらして、内見を複数回行うといいですよ。

※参考記事はこちら
▶▶【アパート内見】チェックポイントや必要な持ち物まとめ!

 

【補足】マンションよりアパートの方が共益費が安い

一般的にマンションよりアパートの方が、共益費が安くなっています。

家賃が安いことはもちろん、マンションに比べアパートは共用部分は少なく、維持・管理のコストが抑えられるからです。

  • エレベーターやオートロックの有無
  • エントランスやロビーの有無
  • 管理人の有無

などなど。

このことからアパートは、マンションより安い共益費で維持・管理が可能なのです。

 

共益費あり・なしのアパートは何が違うの?

アパートの共用部分を維持・管理するために欠かせな共益費。

原則として共益費なしというアパートはありませんが、賃貸情報サイトによっては共益費の記載がないケースがあります。

しかし記載がないだけで、共益費は発生します。

どういうことかというと、これは家賃に共益費が含まれているのです。

例が下記の通り。

  • 家賃40,000円/共益費2,000円
  • 家賃42,000円/共益費なし

どちらも合計家賃は42,000円。

家賃と共益費が別々の表記か、それとも含まれているかの違いです。

家賃と共益費の表記は、必ず別々に表記しなければならないという決まりがありません。

そのため、大家さんが表記を自由に設定できるのです。

 

共益費のあり・なしは初期費用に大きく影響する

アパートに入居する際は初期費用が生じます。

初期費用は家賃によって上下しますが、目安は家賃5〜6ヶ月分。

そして共益費が含まれているか、いないかによって初期費用が異なります。

例えば希望するアパートの初期費用が「家賃6ヶ月分だとします。

  • (A)家賃4万円/共益費2,000円
  • (B)家賃4万2,000円/共益費なし

先ほどど同じケースで初期費用を計算してみると、次のようになります。

  • (A)→家賃4万円×6ヶ月分=24万円
  • (B)→家賃4万2,000円×6ヶ月分=25万2,000円

いかがでしょうか?

AとBで1万2,000円の差が出ることがわかりました。

どちらも毎月支払う額は同じですが、初期費用に差が生じます。

なので共益費の表記がないからといって、安易に判断しない方がいいですよ。

※初期費用の詳細や節約方法が気になる方は、下記の記事を参考にしてください。
▶▶【アパートの初期費用】相場や内訳はいくら?安く抑える5つのコツをご紹介!

 

アパートの共益費についてまとめ

共益費の詳細や相場、使い道などをご紹介してきました。

アパートの共益費についてまとめると、下記のようになります。

  • 共益費=アパートの維持・管理費
  • 共用部分をきれいにするために使われる
  • 相場は家賃の5〜10%
  • 物件の条件によって共益費は異なる
  • 共益費のあり・なしで初期費用が変わる

共益費はアパートに住むうえで、必ず支払わなければいけないものです。

また、共益費は「家賃に組み込まれている」「別で表記している」の2パターンがあります。

家賃だけでなく、共益費も相場と比較したうえで、アパート探しをしていきましょう。

▶▶初期費用ゼロ円で新生活スタート