【賃貸】アパートの管理費とは?内訳や相場をご紹介!

「アパートの管理費って、どのような費用なんだろう?」

「管理費の相場はいくらで、内訳はどうなっているんだろう?」

このような疑問をお持ちの方に当記事では、アパート管理費の詳細や内訳、相場などをご紹介していきます。

アパートの管理費について気になる方はぜひ、参考にしてください。

▶▶初期費用ゼロ円で新生活スタート

 

アパートの管理費とは維持費のようなもの

アパートの管理費は、維持費のようなもの。

例えばアパートには、廊下や階段といった共用部分があります。

こういった共用部分まで掃除をする住人は基本的にいません。

では、誰に掃除を任せているのかというと、専門の業者さんです。

そして依頼する時に生じる費用を、管理費からまかなっているのです。

つまり管理費とは、アパートの環境を維持するために必要な費用のこと。

住人が快適に暮らせるよう、共用部分や設備をメンテナンスするために、管理費が徴収されています。

 

アパートの管理費は何に使われる?内訳について

管理費は、アパートの環境を維持するために使われると説明しました。

では具体的に、どのような用途に使われているのか?というと、主な使い道が下記の通りです。

  • 共用廊下や階段の掃除
  • 共用部分の電気代や交換
  • 敷地内やゴミ捨て場などの掃除
  • 監視カメラの電気代・維持代
  • 浄化槽の掃除やメンテナンス

部屋だけでなく、廊下や階段などの共用部分まで掃除する人は、ほとんどいません。

しかし掃除せず放っておくと汚れが目立ち、電気が切れることもあります。

そこで住人から管理費を徴収し、共用部分の掃除やメンテナンス費用に充てています。

またアパートを探していると、インターネット無料の物件も出てきます。

なぜ無料なのかというと、必要な費用が管理費から支払われているから。

追加でインターネット料金を支払う必要がないので、入居する立場からすると非常にありがたいですね。

 

アパートの管理費の相場は家賃の5〜10%ほど

管理費の相場は家賃の5〜10%となっています。

家賃別の管理費の相場をまとめたので、ぜひ参考にしてください。

家賃 管理費
30,000円 1,500円〜3,000円
40,000円 2,000円〜4,000円
50,000円 2,500円〜5,000円

ちなみに管理費は、アパートの設備が充実している、もしくは条件がいいほど高く設定される傾向です。

例えば下記のような場合は管理費が高め。

  • 新築や築浅
  • 監視カメラやオートロック付き
  • 宅配ボックスが設置されている
  • ゴミ捨て場が24時間利用可能
  • 部屋数が少ない

※管理費は住人全員で割って支払うため、部屋数が少ないほど負担額が増えます。

反対に管理費が相場以下のアパートもあります。

しかしこの場合、共用部分の掃除やメンテナンスが行き届いていない可能性があります。

なので管理費が安いという理由だけで、アパートを決めない方がいいです。

住んでから後悔しないために、アパートの内見を行う時は部屋だけでなく、共用部分の環境も必ず確認しましょう。

そうすることで、掃除やメンテナンスが行われているか?把握できますよ。

※内見のコツを下記記事にて解説しているので、参考にしてください。
▶▶【アパート内見】チェックポイントや必要な持ち物まとめ!所要時間はどれくらい?

 

アパートの管理費あり・なしの違いとは?

原則、管理費なしのアパートは存在しません。

というのも管理費は必ず支払う費用だからです。

しかし賃貸情報サイトには、管理費なしを謳っている物件もあります

「管理費なしということは支払わなくてもいいのでは?」

と思うかもしれません。

ただ管理費なしを謳っている物件は、そのように見せているだけなのです。

どういうことかというと、管理費が家賃の中に含まれている形

管理費+家賃となっており、表面上は管理費なしと見えても実は、管理費を毎月支払う仕組みになっています。

参考例が下記の通り。

(例)家賃50,000円の設定
管理費なし 管理費あり
内訳=家賃50,000円の中に管理費が含まれている 内訳=50,000円+管理費2,500円〜5,000円

※管理費は家賃の5%〜10%が相場

どちらも家賃は50,000円ですが、支払総額が異なります。

管理費なしの場合、家賃の中に管理費が含まれているので、支払総額は50,000円

一方、管理費ありの場合は家賃と別々に支払う形。

なので家賃50,000円+管理費2,500円〜50,000円=合計52,500円〜55,000円を毎月支払うことになります。

 

なぜ管理費なしと表記できるの?

「家賃と管理費は分けて表記しなければならない」という法律はありません。

なのでアパートの持ち主である大家さんや不動産会社は、好きなように表記できるのです。

また持ち主は、家賃と管理費の割合も自由に設定できます。

極端な話、家賃50,000円+管理費10,000円とも設定可能。

とはいえ法外な管理費にすると入居者が集りませんし、クレームが生じることもあります。

なのでアパートの持ち主は相場を参考にして、管理費を設定しているわけです。

 

管理費と共益費の違いは何?

管理費と共益費はどちらも「アパートの環境維持のために」使われる費用です、

不動産会社や賃貸検索サイトによっては「管理費・共益費」と、まとめて表記されている場合もあります。

また使い道も、大家さんや管理会社によって変わります。

なので、明確な使用用途の区別も決まっておらず「管理費だからこれに使う」「共益費だから、管理費とは違う使い方をする」といったことはありません。

 

アパートの管理費についてまとめ

管理費の詳細や相場、内訳などをご紹介してきました。

当記事の内容をまとめると、次のようになります。

  • 管理費は環境維持のために使われる費用
  • 共用部分の掃除やメンテナンスが主な使用用途
  • 相場は家賃の5〜10%ほど
  • 管理費なしの場合、家賃に組み込まれている
  • 共益費も同じような費用

管理費とは、アパートを維持していくのに必要な費用で相場は家賃の5~10%が目安です。

またアパート探しをする時は、管理費だけでみるのではなく「家賃とのバランス」を確認することも大切です。

総合的な金額を考えて、判断しましょう。

▶▶初期費用ゼロ円で新生活スタート