【アパート】音漏れに効果的な防音対策7選!床や壁に使える便利グッズもご紹介

「アパートの壁が薄いから話し声や足音、音漏れなどが気になる…」

「今すぐできるアパートの防音対策って無いのかな?」

このようなことでお悩みの方のために当記事では、アパートの音漏れに効果的な防音対策や便利グッズなどをご紹介いたします。

アパートの防音対策を万全にしたい方はぜひ、参考にしてください。

▶▶初期費用ゼロ円で入居するなら

 

アパートの防音対策7選!壁や床への工夫をご紹介

アパートに住み始めたら、やっておきたいのが防音対策です。

壁が薄い場合は、話し声や音漏れの心配が。

素足でドスドス歩き回ると、下の階に足音が響く心配があります。

このような事が原因となり、トラブルに発展する可能性もゼロではありません。

つまり、快適なアパート暮らしをするためには、防音対策が必要不可欠といえます。

ということでまずは、おすすめの防音対策を7つご紹介いたします。

  • 1.防音シートを床や壁に設置する
  • 2.防音カーテンを取り付ける
  • 3.防音テープを併用する
  • 4.卵の空き容器やダンボールを家具の隙間に挟む
  • 5.マットレスやラグを床に敷く
  • 6.スリッパを履いて足音を軽減させる
  • 7.家具や家電の配置を工夫する

以下、それぞれの詳細です。

 

1.防音シートを床や壁に設置する

防音シートは部屋の音漏れだけでなく、外からの音も軽減してくれるグッズ。

壁に貼る、床に敷くなどの使い方がメインですが、冷蔵庫や洗濯機の下に敷くという使い方もあります。

例えば壁に貼った場合、テレビの音や話し声といった、生活音の音漏れを軽減できます。

また、隣の部屋からの音も軽減してくれます。

そして床に防音シートを敷けば、足音が下の階へ響くことを防いでくれますよ。

 

2.防音カーテンを取り付ける

防音カーテンは外からの騒音を軽減してくれるグッズ。

遮音を目的として作られているので、一般的なカーテンよりも遮音性が高く、厚みがあるのが特徴的。

物によっては遮光や防災、紫外線カットの機能が備わっているものもあります。

ただし機能が豊富になるとその分、価格も高くなりるので要注意。

とはいえ、道路沿いのアパートに住んでいる方は重宝するグッズの一つなので、ぜひご活用ください。

 

3.防音テープを併用する

音は窓や扉などの隙間から漏れるので、防音テープで隙間を塞ぐことも対策になります。

また、隙間を塞ぐことで外気の侵入も防いでくれるので、冬場の寒さ対策にもおすすめ。

ただし、防音テープだけで対策することは難しいです。

そのため防音テープは、シートやカーテンの補助として使うのがいいでしょう。

 

4.卵の空き容器やダンボールを家具の隙間に挟む

ゴミとして捨ててしまいがちな、卵の空き容器やダンボール。

実はこれらも防音グッズになります。

例えば卵の空き容器。

使い方はとても簡単で、壁に沿って置いてある家具の裏に容器を挟むだけ。

本棚や収納箱の裏に挟むのがベストです。

こうすることで、容器が防音シートのような役割を果たしてくれます。

ただし、紙でできた容器でなないと効果がないので、お気をつけください。

ダンボールも同じような使い方でOK。

家具と壁の間に重ねて貼ると、より高い防音効果が期待できます。

 

5.マットレスやラグを床に敷く

床がフローリングであれば、マットレスやラグを敷くことで防音対策になります。

フローリングをそのまま歩くより、マットレスやラグを1枚挟んだ方が足音が軽減されるからです。

また、イスを引く音や物を落とした時の音も軽減されます、

下の階の人へ迷惑をかけないためにも、やっておきたい対策の一つ。

アパートへの引っ越しが完了したら、なるべく早めにマットレスやラグを準備しましょう。

 

6.スリッパを履いて足音を軽減させる

スリッパもマットレスやラグと同じように、足音を軽減してくれます。

特にフローリングの場合は、スリッパを履くことで下の階へ足音が伝わりにくくなります。

冬場は足の冷え対策にもなるので、ぜひ活用したいグッズですね。

 

7.家具や家電の配置を工夫する

見落としがちですが、家具や家電の配置も防音対策につながります。

というのも家具や家電は、思っているよりも音を遮断してくれからです

具体的には、本棚や収納棚など背の高い家具を壁際に置くのがベスト。

家具の配置を変えるだけなので、お金もかからず簡単に実践可能。

あなたの部屋の音だけでなく、隣の部屋からの音も防いでくれますよ。

 

アパートの防音対策をおさらい

上記で紹介したアパートの防音対策が次の7つ。

  • 1.防音シートを床や壁に設置する
  • 2.防音カーテンを取り付ける
  • 3.防音テープを併用する
  • 4.卵の空き容器やダンボールを家具の隙間に挟む
  • 5.マットレスやラグを床に敷く
  • 6.スリッパを履いて足音を軽減させる
  • 7.家具や家電の配置を工夫する

快適な暮らしを送るためにも、ぜひ防音対策を実践しましょう。

▶▶初期費用ゼロ円でお部屋探し!

 

防音性の高いアパートを見つけるコツ5つ

防音性の高いアパートを見つけるコツは5つあります。

  • 1.アパートの建築構造
  • 2.隣り合う部屋の間取り
  • 3.部屋の位置
  • 4.アパートの部屋数
  • 5.アパートの周辺環境

それぞれの詳細が以下の通り。

 

1.アパートの建築構造

アパートの構造は、主に木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造の3種類あります。

この中で、もっとも防音性が高いのが鉄筋コンクリート造です。

鉄筋コンクリート造は、鉄の棒で造った骨組みの中にコンクリートを流し込み壁を造ります。

そのため、壁の密度が高くなり音漏れしにくいのです。

反対に、もっとも防音性が低く音漏れしやすいのが木造。

鉄筋コンクリート造に比べると、隣室のテレビの音や話し声などの生活音が聞こえてきやすいです

ただし、木造アパートは防音性が低い反面、家賃が安めだったり通気性が良いなどのメリットもあります。

 

2.隣り合う部屋の間取り

アパートは、隣り合う部屋の間取りが防音性に関係します。

同じ構造のアパートでも、間取りによって音の聞こえ方が大きく変わります。

例えば、部屋の隣が居住スペースでない場合、防音が期待できます。

壁の向こう(隣人の部屋)が浴室やトイレならば、居住スペースが重ならないため、生活音がそれほど気になりません。

理想は、収納スペースやクローゼットが隣り合っている間取り。

お互いの居住スペースが重ならないので、ストレスをあまり感じず生活を送ることができます。

 

3.部屋の位置

部屋の位置も、防音性の高いアパートを探すときに重要なポイント。

最も防音性が高いのは、最上階の角部屋。

上の階からの音がなく、隣り合う部屋も片方しかないため生活音が聞こえにくいからです。

ただし最上階の角部屋は人気なので、他の部屋より家賃の相場が高く設定されています。

 

4.アパートの部屋数

部屋数の少ないアパートも、防音性が期待できます。

単純に部屋数が少なければその分、周りから出る音も少ないからです。

例えば、「20部屋あるアパート」と「6部屋しかないアパート」の場合。

後者の方が隣り合う部屋が少なく、防音性が高いといえます。

 

5.周辺環境

アパートの周辺環境も防音性に影響します。

例えばアパートの隣に線路や大きな道路がある場合、電車や車が通るごとに大きな騒音が聞こえてきますよね。

また学校が近くにある場合、登下校の時間帯に子供の元気な話し声が聞こえてくることも。

駅チカのアパートも一長一短で、駅までのアクセスがいい代わりに人が集まる時間帯は騒音も聞こえてきやすいです。

このようにアパートの建築構造などの他に、周辺環境も防音性に影響してくるのです。

 

アパート内見時に防音性を確認する方法3つ

「新しいアパートに引っ越そうと思っている」

という方は内見時に必ず防音性を確認してください。

立地や間取り、設備などに目がいきがちですが、防音性を確認せずに引っ越すと、隣の部屋の生活音や外の騒音に悩まされる恐れが。

そうならないためにも、下記3つの方法で防音性を確認しましょう。

  • 1.部屋の中心で手を叩く
  • 2.壁を軽く叩く
  • 3.静かにして耳を澄ます

それぞれ詳しく解説していきます。

 

1.部屋の中心で手を叩く

部屋の中心で手を叩いた時の音の響き方で、防音性を確認できます。

手を叩いて音が響き渡る場合、防音性が高いです。

反響するということは、隣の部屋や外まで音が伝わらず遮断されていると判断できます。

壁に音が吸収されていないため、部屋の中で音が響き渡るのです。

話し声や物音などの生活音も外に漏れにくい、防音性の高いアパートといえます。

反対に、部屋に音が響かない場合は注意が必要。

音が壁に吸収され、隣の部屋や外に音が漏れている可能性があります。

 

2.壁を軽く叩く

防音性を確認する際、壁を軽く叩く方法も効果的。

コンコンと壁を叩いて、低い音や、なにか詰まっているような音がした場合は高い防音性が期待できます。

壁の密度が高く、外に音が漏れにくいと判断できます。

イメージは、コンクリートの上をコツコツと歩く感じ。

コンクリートはずっしりとして、なにか詰まっている感覚がしますよね。

アパートの壁も同様、叩いた時に低く詰まった音ならば、密度が高く防音性が高いといえます。

反対に、壁を叩いて高い音や軽い音がしたら、防音性はあまり期待できないでしょう。

壁の気密性が低く、音が漏れやすい構造の可能性があるからです。

手を叩く方法と同じく、壁を叩く方法も簡単にできるので、ぜひご活用ください。

 

3.静かにして耳を澄ます

部屋の中で耳を澄まし、周りの音がどのくらい聞こえるかで防音性を確認できます。

隣の人の話し声や、ちょっとした物音が聞こえたら、防音性はあまり高くないといえます。

外からの音が聞こえるという事は、同じくこちらから出る音も漏れている可能性があるからです。

反対に、外の騒音や隣からの音があまり聞こえないなら、防犯性は高いといえます。

自分の部屋の音だけでなく、周りの音がどう聞こえるかも含め、防音性をチェックしてみましょう。

▶▶ゼロすむで入居時の初期費用ゼロに!

 

どのくらい音漏れしているか確認する方法

アパートでの音漏れを確認するためにはまず、何がどれくらいの音を出しているか、把握する必要があります。

音の大きさを表す単位をdB(デシベル)といいますが、一般的に70dB以上になると騒音に該当します。

それを踏まえた上で、日常生活にて発生しているdB数の目安が下記です。

  • 90dB〜(うるさくで我慢できない)→犬の鳴き声、工事の音など
  • 70〜90dB(かなりうるさい)→ピアノ、大音量のテレビなど
  • 60〜70dB(うるさい)→掃除機、洗濯機など
  • 〜60dB(気になる)→話し声、子供が走る足音など

ただし、あなたが部屋で発する音と、隣や上から聞こえてくる音では、不快度が異なります。

例えばあなたが友達と話しているとしましょう。

自分では大声を出していないと思っても、隣や上の住人からすれば「うるさい」と捉えられることがあります。

なので、音の種類や聞こえてくる場所によって、不快度が異なるのです。

 

なぜ音漏れするの?2つの音の種類と対策

音の性質は、空気音と固体音によって異なります。

それぞれの特徴と音漏れの対策をご紹介いたします。

 

空気音の特徴と対策

空気音とはその名の通り、空気を伝わってくる音のこと。

テレビの音、話し声、オーディオの音、窓の外から聞こえる学校のチャイムや子どもの遊び声も、空気音に該当します。

 

空気音の対策

空気音の対策で重要なのが、音の通り道を遮断することです。

窓やドアの隙間を塞いだり、壁に防音シートを設置するなどの対策が有効となります。

音の通り道を遮断することで、外からの空気音はもちろん、自分が発生させる空気音も遮断できます。

ちなみに、これらの対策は隣の部屋から聞こえてくる空気音にも効果的です。

 

固体音の特徴と対策

固体音とは、壁や床の振動で伝わる音のこと。

足音、洗濯機やエアコン室外機の振動音などが固体音に該当します。

 

固体音の対策

あなたが固体音を出さないようにするには、以下の対策が効果的です。

  • 防音スリッパを履く
  • 夜間の洗濯機の使用を避ける
  • 防振ゴムをエアコン室外機に装着する

これらの対策することで、固体音を軽減できます。

ただし、上や隣から聞こえてくる固体音は、上記の方法でも対策できません。

上や隣から固体音が聞こえてくる場合は、家具の配置を変える、防音グッズを活用するなどが効果的。

 

木造アパートの音漏れ対策

ここでは、木造アパートの音漏れ対策を3つ紹介します。

  • 1.オーディオ機器は床に直接置かない
  • 2.防音シートやマットを活用する
  • 3.壁側に大型家具を設置する

木造アパートの音漏れ対策に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

1.オーディオ機器は床に直接置かない

テレビやステレオなどのオーディオ機器は、床に直接置かないこと。

床に直接置くことで、固定音が伝わる原因となります。

この場合、防振ゴムをオーディオ機器の下に挟むことで、固定音を軽減できます。

 

防音シートやマットを活用する

防音シートやマットの活用も有効です。

防音シートやマットは音の反射を防ぎ、なおかつ音を吸収できます。

シートを貼るのが面倒だという人は、マットを床に敷くといいでしょう。

 

3.壁側に大型家具を設置する

隣室からの音漏れを軽減するため、壁側に大型家具を配置するのも効果的です。

壁側にベッドや作業デスクを置くのは避けましょう。

隣室からの音漏れで眠れなかったり、集中して作業ができない可能性があります。

 

音漏れ対策をせず放置していると生じる問題3つ

音漏れ対策を放置していた場合、以下の問題が懸念されます。

  • 住人トラブル
  • 公的機関からの注意
  • 契約解除

それぞれの詳細を解説していきます。

 

住人トラブル

音漏れの被害を受けている住民のみならず、アパート全体で迷惑者扱いをされる可能性があります。

騒音トラブルが原因で、刑事事件まで発展した例もあるほどです。

身の安全を守るためにも、音漏れ対策は速やかに実行しましょう。

ただし、音漏れに対して極端に神経質な住民がいることもあります。

その場合は管理会社と相談して、対処法を決めるといいでしょう。

 

公的機関から注意を受ける

大家さんや管理会社だけではなく、公的機関から通報されることもあります。

公的機関には国民生活センターや市区町村の相談窓口などがありますが、実は警察も対応しています。

警察は生活トラブルに関する相談窓口(#9110)を設けているからです。

公的機関に通報される前に、早い段階で音漏れ対策をしましょう。

 

契約解除

大家さん管理会社からの注意喚起を無視し続けた場合、契約解除を言い渡される可能性があります。

騒音トラブルなどの悪いウワサが広まってしまうと、入居率に影響するためです。

また、大家さんや管理会社が弁護士を介して交渉してくることもあります。

いずれにしても、こうなる前にきちんと対応しておきましょう。

 

音漏れに効果的な防音対策についてまとめ

アパートの音漏れに効果的な防音対策や便利グッズ、防音性の高いアパートを見つけるコツなどをご紹介してきました

音漏れに効果的な防音対策は以下の7つ。

  • 1.防音シートを床や壁に設置する
  • 2.防音カーテンを取り付ける
  • 3.防音テープを併用する
  • 4.卵の空き容器やダンボールを家具の隙間に挟む
  • 5.マットレスやラグを床に敷く
  • 6.スリッパを履いて足音を軽減させる
  • 7.家具や家電の配置を工夫する

また、音には空気音と固体音の2種類あり、それぞれに適した防音の方法があります。

そして、防音性の高いアパートを見つけるコツが以下の5つ。

  • 1.アパートの建築構造
  • 2.隣り合う部屋の間取り
  • 3.部屋の位置
  • 4.アパートの部屋数
  • 5.アパートの周辺環境

音漏れの心配をせず快適に過ごすためにも、ぜひ当記事で紹介した防音対策をお試しください。

▶▶金欠時の引っ越しでも安心!