【賃貸】敷金礼金とは?違いや相場、いつ支払うのか徹底解説!

「敷金礼金っていう言葉をよく目にするけど、それぞれどんな意味なんだろう?」

「相場はいくらで、支払うタイミングはいつなんだろう?」

このような疑問をお持ちの方に当記事では、敷金礼金について詳しくご紹介いたします。

敷金礼金の違いなどが気になる方はぜひ、参考にしてください。

当記事の内容は一般的な賃貸借契約をもとに作成しています。

ゼロすむで契約する場合は転貸借契約となるため、一部異なる部分がございます。

ゼロすむで契約する場合の正確な内容に関して、詳細が気になる方はLINEを友だち登録してご質問ください。

友だち追加

 

敷金礼金とはどんなもの?違いは?

敷金と礼金はセットで使われることが多い言葉です。

しかし、敷金と礼金の意味や使用用途は、大きく異なります。

それでは、敷金と礼金の違いを詳しく見ていきましょう。

 

敷金とは大家さんに担保として支払うお金

敷金とは、大家さんに担保として支払うお金のことで、主に下記の用途に使われます。

  • 家賃を滞納した場合の補填
  • 退去時の原状回復費用

事情により家賃を滞納すると、支払ってある敷金から補填されます。

また敷金は「退去時の部屋を原状回復させるための費用」としての役割もあります。

アパートを退去する際は、元の状態に戻さなければなりません。

これを原状回復義務といいます。

そして原状回復にかかった費用が退去時に、敷金から差し引かれるのです。

アパートの原状回復については下記記事にて詳しく解説しておりますので、参考にしてください。

 

原状回復費用の支払い義務が生じないケース

原状回復費用の支払い義務が生じないケースは「経年劣化」による傷や汚れです。

経年変化とは、普通に生活していて生じる劣化や傷のこと。

具体例が下記の通り。

  • 壁やフローリングの日焼け
  • 冷蔵庫を置いていた箇所のへこみ
  • 小さな画鋲穴

一方、故意や不注意でついてしまった傷は、原状回復費用の支払い義務が生じます。

具体例が下記の通り。

  • 喫煙によって壁についたヤニや匂い
  • 家具を動かした時、床についた傷
  • ペットを飼っていてついた匂い

原状回復費用は敷金から差し引かれます。

しかし。敷金の範囲で費用が賄えなかった場合、別途で追加費用が生じる可能性があります。

原状回復費用については下記記事にて詳しく解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

 

礼金とは大家さんにお礼として支払うお金

礼金とは、大家さんにお礼として支払うお金のことです。

名称の通りお礼のお金なので、退去時に返ってきません。

ちなみに礼金は、昔からのなごりと言われています。

昔は今よりも物件が少なかったため、「この部屋に住まわせてくれてありがとうございます」という感謝の気持ちとして礼金を支払っていました。

また、学生が一人暮らしをする際、親が大家さんに対して「うちの子をよろしくお願いします」という意味を込めて払うこともありました。

今ではどちらの光景も目にする機会がありませんが、礼金のシステムだけは残っています。

ちなみに礼金はそのまま、全額が大家さんの収入となります。

あくまで「お礼の気持ち」ですので、支払ったお金が退去時に返ってくることはありません。

 

管理費や共益費とはどう違うの?

先ほど、敷金礼金は引っ越し時に必要な、初期費用の1つであるとお伝えしました。

一方、管理費や共益費は家賃と共に毎月支払うもの。

管理費(共益費)は、アパートの共用部分を維持・管理するための費用に充てられています。

住人が共同で使う廊下や階段の清掃、共用部の電気や備品交換代など。

また、管理費と共益費に明確な違いはありません。

多くの場合、同じような意味合いで使われています。

実際に、不動産情報サイトによっては管理費・共益費をまとめて記載されているケースも。

そのため支払うのはどちらかのみで、二重で支払う必要はありません。

ここで、敷金礼金と管理費(共益費)の違いをおさらいしましょう。

  • 敷金=退去時のクリーニング費や、家賃未払い時の補填になる費用
  • 礼金=入居時に大家さんにお礼として支払う費用
  • 管理費(共益費)=アパートの共用部分を維持・管理する費用

 

敷金礼金なしって怪しいけど危険性は?

敷金礼金なしのゼロゼロ物件は、決して危険ではありません。

むしろ初期費用が抑えられるので「すぐにでも引っ越したい」という方にピッタリ。

まとまったお金が用意できなくても、希望のアパートに引っ越すことができます。

「でも敷金礼金がないって、何か怪しい理由があるんじゃないの?」

と思うかもしれません。

確かに一見、怪しそうに見えますが、そんなことはありません。

ゼロゼロ物件の仕組みは、とてもシンプル。

敷金礼金がない分、その費用が家賃に上乗せされているのです。

 

家賃に上乗せされている理由とは?

なぜ、敷金礼金をなしにしてその分、家賃に上乗せするのでしょうか?

多くの場合「早く入居者に住んで欲しい」という理由で、ゼロゼロ物件になります。

大家さんとしては、アパートが空室になっている状況が続くのは避けたいところ。

そこで、敷金礼金をなしにすることで初期費用が抑えられ、入居者が決まりやすくなるのです。

そして、家賃に上乗せすることで、初期費用として受け取っていない「敷金礼金」を回収しています。

上記のように、敷金礼金なしには仕組みがあるので、ゼロゼロ物件だから危険ということはありません。

 

敷金礼金なしのゼロゼロ物件ってお得なの?

ゼロゼロ物件は、安全かつ初期費用も抑えられることがわかりました。

「でも敷金礼金がない分、家賃が高く設定されているって、結局お得って言えるの?」

と思うかもしれません。

ゼロゼロ物件がオトクかどうかは、住む期間によります。

というのも、初期費用が家賃に上乗せされている分、長く住むほど割高になるのです。

例えば家賃が6万円敷金礼金ありのアパートと、7万円(ゼロゼロ物件)のアパートを比較してみます。

家賃 6万円
(敷金礼金あり)
7万円
(ゼロゼロ物件)
敷金礼金 12万円 なし
1年間の費用 84万円 84万円
2年間の費用 156万円 168万円

上記の表を見ると、1年間では総支払額に差がないことがわかります。

しかし、アパートの契約更新のタイミングである2年が経過すると、12万円の差が出る計算に。

つまり敷金礼金なしのアパートは、長く住むほど割高で短期間であるほどお得と言えます。

ただしゼロゼロ物件であっても、家賃が相場より高く設定されているとは限りません。

単純に早く入居して欲しいという理由で敷金礼金をなしにしているケースもあるからです。

ゼロゼロ物件をお考えの場合は、家賃を相場と比較してみるといいですよ。

 

敷金なし・礼金ありのアパートがあるのはなぜ?

近頃はゼロゼロ物件も増えてきていますが、中には「敷金なし・礼金あり」のアパートも存在します。

敷金がない理由は、ゼロゼロ物件と同じく初期費用が安くなるから。

初期費用が抑えられれば次の入居者が早く決まり、空室を避けられるのです。

さらに大家さんは礼金がもらえているので、損がありません。

 

敷金なし・礼金ありのアパートで確認すること

敷金なし・礼金ありのアパートを選ぶ際は、他にどんな費用がかかるか確認しておく必要があります。

「敷金なし」と表記されているので一見、敷金は支払わなくていいように思えます。

確かに入居時に敷金を支払う必要はありませんが、退去時にクリーニング費用がかかります。

アパートを退去する際、入居者には部屋を元の状態、つまり入居時と同じ状態に戻す義務があります。

その費用を、退去時に支払う必要があるのです。

クリーニング費用の相場は2万〜5万円ほど。

ただし、アパートによって金額が異なるので、必ず事前にチェックしておきましょう。

 

敷金礼金の相場はいくら?

敷金と礼金の一般的な相場は下記の通りです。

敷金 家賃1〜2ヶ月分
礼金 家賃1〜2ヶ月分

敷金礼金ともに相場は家賃1〜2ヶ月分が目安。

例えば家賃が5万円だとしたら、

  • 敷金→5〜10万円
  • 礼金→5〜10万円
  • 合計→10〜20万円

となります。

ちなみに、市街地や駅近など利便性が高い物件は、敷金礼金が高い傾向。

一方で郊外や築古、空き家期間が長い物件は、敷金礼金が低めの傾向です

とはいえ敷金礼金だけで10万円以上の初期費用がかかるのは、金銭的に大きな負担ですよね。

「敷金・礼金をできるだけ安く抑えたい…」

という方は、敷金礼金ゼロのゼロゼロ物件を検討してみてはいかがでしょうか?

▶▶ゼロすむで入居時の初期費用ゼロに!

 

敷金礼金を支払うタイミングはいつ?

敷金礼金は、入居前の契約時に支払うのが一般的です。

また契約時には、その他の初期費用もまとめて支払う必要があります。

引っ越し時にかかる主な初期費用の例が下記の通り。

  • 敷金礼金
  • 仲介手数料
  • 前家賃
  • 火災保険料
  • 鍵交換費用

上記のように敷金礼金に加え、その他の項目すべてを合わせた金額が初期費用になります。

引っ越し時は、まとまったお金が必要なであることがわかりますね。

 

敷金礼金は毎月支払う費用なの?

敷金礼金は毎月払う必要はありません。

入居前に初期費用として支払ったら、それで完了です。

家賃や管理費(共益費)といった毎月支払うものとは違い、敷金礼金は一度きりなのでご安心ください。

以下、アパートの諸費用の支払いタイミングを表でまとめたので、参考にしてください。。

費用 支払うタイミング
家賃 毎月
管理費
(共益費)
毎月
敷金礼金 契約時
その他初期費用 契約時

敷金礼金は1度しか支払わない分、まとまった金額が必要なのでご注意ください。

敷金礼金の違いや相場などまとめ

敷金礼金とは何なのか?違いや相場などをご紹介してきました。

記事の内容をまとめると、下記のようになります。

  • 敷金=大家さんに担保として支払うお金
  • 礼金=大家さんにお礼として支払うお金
  • 支払うタイミングは入居前の契約時
  • 敷金礼金の相場はそれぞれ家賃1〜2ヶ月分
  • ゼロゼロ物件なら敷金・礼金ゼロ円

アパートを探していると、必ず目にする敷金礼金という文字。

敷金礼金あり・なしとでは初期費用や家賃に差が出てきます。

そのことを踏まえ、希望のアパートを探していきましょう。

▶▶金欠時の引っ越しでも安心!